担当していたWEBサイトのSEO対策

担当しているWEBサイトの訪問者数を向上するために、2種類のSEO対策を行いました。

1.内部対策&外部対策

2.広告を利用したSEO対策

WEBサイトのSEO対策
WEBサイトのSEO対策

■内部対策&外部対策について

1. 内部対策

WEBサイトの表示を分かりやすいようにWEBサイトを改修しました。具体的に行たことは以下のようです:

-1. 各ページにユーザが求めているタイトルをつけました

-2. WEBサイトのサイズを軽くしました。画像のサイズを小さくし、ページのローディング時間を改善しました。動画がある場合は外部のリンクで添付するようにしました

-3. 滞在時間を増やした

 訪問者がページ長く滞在できるように、コンテンツを分かりやすくアレンジしました。言葉だけの表現ではなく図など使ってコンテンツの内容を説明しました。また、動画も添付することによってページの滞在時間が長くなりました。

2. 外部対策

具体的に行った対策:

SNSの媒体を使って、自分のホームページに誘導するようにリンクを貼りました。SNS上はすべての内容を提供しないことがポイントになります。

■広告を利用したSEO対策

具体的にはGoogle Adsの検索広告を実施しました。特定の製品をPRするためにターゲットユーザと地域を絞りました。Google Adsのメリットとしては以下の3つが挙げられます:

1.広告のターゲットユーザを絞られる

2.低価格から始められる

3.効果を検証できる

上記の理由で新製品のPRとして低予算で行われることとしてGoogle広告を実施しました。広告を始める前にWEBサイトの訪問者が低かったが、広告を実施した後にWEBサイトの訪問者や問い合わせの依頼も増えました。広告のおかげで、WEBサイトを解析する動きになり、結果としてWEBサイトも改修できました。また特定の地域の市場調査を行うにもとても有効的にだと気づきました。ユーザが使用した検索ワードでユーザの困りごとが分かり、検索の頻度によって、市場の大きさも想定することができたのは広告を始める前に気付かなかったメリットでした。実際に行った広告は検索項目だけだったが、Googleが提供している動画広告も今後の取り組みとしても考えています。

PR|生命保険の口コミ.COMクレジットカードの即日発行じゃけんマッサージのリアル口コミ.com英語上達の秘訣ダイエットチャレンジ健康に役立つ口コミ情報女性のための薄毛治療研究会会社経営に必要な知恵袋ゴミ屋敷解消Q&A新築一戸建てを建てる時に読むサイト