SEO対策に向いている人

SEOではGoogleで検索をしている人が何を知りたがっているか、どんなキーワードを使って答えを見つけようとしているか分析する必要があります。
例えば「一週間で簡単に痩せる! 半年で10Kg減を目指して」というサイトを作るとします。
これをGoogle検索で一発表示させるには、痩せる、一週間、簡単、をサイト内でくどいほど繰り返すせばいい、という訳ではないのです。

① どんな人に見てして欲しいか
② どんな解決をすれば喜ばれるか
② どんな人をキャッチしたいか
まずターゲットを分析していきます。
そしてそこからもう一歩踏み込みます。

痩せたい、簡単に、ということは今まで痩せることができなかった。おそらくできてもリバウンドがあった、時間がないから楽に痩せたい! という裏の理由もある?
という訳で

A  今まで痩せられなかった人
B 楽して痩せたい人
C 着やせに見えてもOK
こういった裏まで網羅し、ヒットさせれば、検索してくる人は満足できます。

このターゲットを探す時の深読み、これは「普通の人を知りつくしている」人なら、日常ごく自然にできる行動です。

要はSEO対策をするなら「空気を読む人、読める人」になること。これがまず先決。
そして、「人の裏も探れる才能」も必要。

こうしてキーワードを正確に分析した後に、もう一つ必要なのが「決めたキーワードをいじらずそのまま扱える人」、要は素直な人。奇をてらわない、受けを狙わない、起承転結の起と承だけをかける人、がSEOに向いたライターとなります。

コンピューターはイレギュラーを狙いません。
話が途中でつじつまが合わなくなる、コンピューターの確率からして意味不明と判断されると上位検索から外れていく傾向にあります。

つまり、
・空気を読む人読める人
・人の裏も見透かせる人
・決めたキーワードをいじらずそのまま扱える人

そういった人がSEOライターに向いています。
裏を見ながら素直に書く、これでGoogle検索の上位ヒットが狙えるのです。